インターンシップ座談会

インターンシップ参加者からいただいた質問に対して、エイエイピーの若手社員で就職活動から職場の雰囲気まで本音トークで語ってもらいました
他とはちょっと違うエイエイピーならではの雰囲気を知りたい方は必読!
なお、この座談会は新卒採用活動の一環として行われた先輩社員の座談会などから抜粋してお届けしています。
先輩社員のナマの声を聞きたい方はぜひエントリーしてください!

2020年3月11日実施  開催場所:静岡本社(LIVE)

参加した先輩社員

静岡支店
クリエイティブ室

小枝咲葵
2017年入社

㈱プロフィックス
WEB・IT事業本部

池田翔
2019年入社

静岡支店
クリエイティブ室

織田光二朗
2016年入社(中途)

グラフィック事業本部
システム部

川野優生
2019年入社

静岡本社
総務人事課

服部昌彦
2001年入社

AAPで活躍している方の共通点を教えてください

ー小枝
行動にすぐ結び付けられる人ですね。
自分がこう思うからこう動いてみようと、思うだけではなくて
ちゃんとアクションを起こせる人が仕事を取ってきているし、
現実的な話になっちゃいますけど売上とかも高いんじゃないでしょうか。

ー池田
僕が言うことはAAPに限らず、どこの会社でも同じだと思うんですけど、タイムスケジュールがしっかり管理できている人だと思います。
今日やらなければいけないことをまとめていて、それがしっかり頭の中に入っている人が活躍する方々の共通点だと思いますね。
しかもそういう人って計画性があるからか、頼まれた仕事とかも結構なスピード感をもって早めに対応してくれるんですよね。

働いていて楽しいこと・辛いことを教えてください

ー川野
楽しいことは、職場の皆さん!ですね。
びっくりするくらい先輩方が優しかったり、同期ともすごく仲良く過ごせているんですよ。年上だからとか、年下だからを感じさせないで、常にみんなで一緒にやっているんだ!って実感を持ちながら仕事ができる環境が嬉しいです。
あと仕事面でいえば、やはり自分が関わったものが街中に掲示されているのを見ると嬉しいですよね。やりがいというか。ありきたりなんですけど率直にやっててよかったって思えます。
逆に辛いことは…、僕今のところあまりないんですよね。仕事で困ることは確かにありますけど、先ほども言ったようにすぐ頼れる先輩方がいるのですごく心強いです。強いて言うなら、朝起きることが辛い…かな(笑)

ー織田
辛いことがないの羨ましいな~(笑)
じゃあ俺は敢えて辛いことから話してみます(笑)!
俺はデザイナーなんですけど、デザインでもプレゼンってあるんですよ。大きい案件だと10人くらいのスタッフが関わって、2ヵ月前くらいから入念に準備して、そしていざプレゼン当日にカンペとかデザインラフも持っていくんですね。
そこまで頑張ってきたのに、コンペ結果が負けだった。なんてなると、やっぱすごく落ち込むし正直しんどいですね。負けちゃうと何も残らないし…。まぁでもずっと沈んでもいられないので、敗因分析して次に活かせるよう努力し続けていくっていう感じですけど!
反面、この仕事をしているからこそ嬉しいことももちろんあって。イベント関係の制作物だと、実際イベント当日の来場者数の年齢層や性別割合が、自分が狙いを定めたデザインターゲット通りになっていると、やった!!って思っちゃいますよね♪

ー服部
デザイン仕掛けをした側からしたら、そんな嬉しいことはやっぱりないだろうね!目に見えて分かる結果は素直に嬉しいね。
でもコンペ・プレゼンの話は俺も同感だなぁ。
営業経験があるから、営業職としてもやはり辛い一面だと思う。
コンペって取れるか取れないかでリスクがあるからね。
でも仮に負けてしまったとしたら、ここから自主プレ提案とか別案件で指名受注に持っていけるかが、次に営業に課せられた使命なんだよね。腕の見せ所っていうのかな。負けたまんまじゃいられないぞっていう闘志が湧くんだよね。

AAPの面接はどんな雰囲気でしたか?

ー小枝
率直に言いますけど、フレンドリーな感じでした(笑)
もちろんこちらとしては、緊張はやっぱりするんですけど。
AAPの面接は、面接とは全然関係なさそうな話とかも話題に出してくれて、まずは和ませてくれた感じがしますね。好きな漫画はある?とか、今興味あることはなに?とか自分のパーソナル的なところを上手くアピールできるようにしていてくれてたのかも。

ー池田
僕も小枝さんに同感ですね。他の面接と違ってかなりフレンドリー?(笑)でした。
僕自身、面接に臨む前に、ネットでどんなことが聞かれるのか「質問100選!」みたいなものを結構調べて準備してたんですよ。
でもいざ面接が始まると、準備していた質問が何も聞かれないぞ!?ってなりましたね。友達と話す感覚と言うといいすぎですけど、会社の人と話すんだ…っていう変な緊張感がなかったですね。最初だけ緊張してたけど、なんか気づいたらあっという間に面接が終わってました(笑)

仕事をする上で必要なスキル・能力を教えてください

ー川野
デザインについては、場数を踏んでいくと自然とスピード感や技術が身に付くので入社前からそんなに不安がる必要はないと思います。それよりも大切なのはどんな職種でもやっぱりコミュニケーション能力だと思います。誰とでも話してみようという感覚を持って、積極的にコミュニケーションを取りに行くと自分をたくさん知ってもらえるし、いざ何か悩みを抱えた時に、一人で抱え込むと簡単に潰れてしまうんですけど、周りの人に上手に頼りながら仕事をしていくと、大変な仕事も1つずつ乗り越えていけると思います。

ー織田
広告ってそれぞれの職種=専門家を上手く動かしていく仕事だと思うから、川野くんが言うようにコミュニケーションもすごく大切だし、それに加えて先を見通す力も結構大事かなと思う。仕事を次の人にバトンタッチする時は、無我夢中でその人が全力疾走できる道を示してあげると仕事もスムーズに行くんじゃないかと思うんですよね。

会社説明会予約はコチラ

マイナビ2021

あなたがエイエイピーで輝けるか、診断しちゃいます!

診断スタート

©2019 AAP GROUP