ミュゼオ 設計士

吉川 博文

入社:2018年(中途)
出身校:建設実務専門学校 建築学科
(現:東京日建工科専門学校)

先輩社員にお答えいただく7つの質問

現在携わっている仕事

日本全国のホテル・旅館、レストラン等、商業施設の設計監理業務を担当させていただいております。

ミュゼオに入社を決めた理由

私は平成7年に中途入社をしたのですが、実はそれまでは住宅の設計しか経験がありませんでした。転職の際に、今まで経験したことがない分野をやってみたい!という気持ちがあったので、商業建築設計をしているこのミュゼオに興味もち、入社に至りました。

仕事で忘れられないエピソード

関西のある老舗旅館さんでの出来事です。
露天風呂棟増築の設計が進行している半ばで、法改正により、計画している敷地内に露天風呂を建てられなくなってしまいました…。社長をはじめスタッフ一同途方に暮れていましたが、既存のプールを解体撤去し、そこに露天風呂棟を建てることを代案させていただいたところ、お客様がそれに賛成をしてくれました。言葉で書くととても簡単にみえますが、施主にとってみたらこの決断は、夏にプールを楽しみに来てくださるお客様を失ってしまう大変リスクのある決断です。ですが「ミュゼオさんの設計なら」と当社の設計案に信頼をおいてくださり、今のお風呂をもっと充実させ、リピーターに温泉を楽しんでいただく方を選んでくれました。
法改正とは言えこちらの調査不足もあったのは確かです。ですが、日頃から当社を信頼してくださって、リスクあるこの代案を選んでいただいたのです。こちらとしても絶対にその期待に応えなくてはいけません。いや、期待以上のものでなければいけません。
その結果…無事軌道修正もでき、当初の計画よりも立派な露天風呂棟を竣工させることが出来ました。こちらとしてもとても安堵しましたし、施主も大変喜ばれたことが印象に残っています。

ミュゼオの魅力

住宅や商業施設の設計会社は多数あると思いますが、ホテル・旅館の設計を手掛ける事務所は日本に何社あるでしょうか。そんな中で、和の設えや空間をデザイン・提案してそれを形にしていくのはとても楽しいですし大変やりがいのある仕事です。

こんなことができる会社です!

親会社であるエイエイピー、グループ会社のリョケンと協力しあって、設計はもとより、運営、経営診断等含めてトータルでホテル・旅館のお手伝いが出来る会社です。

今後の目標

現在、建設業をはじめ宿泊業も人手不足やインバウンド対応等多くの問題を抱えている業界ですが、効率化や使いやすい施設になる為のお手伝いが出来る様、自己研鑽していきたいと思います。

学生のみなさんへ

やりたい仕事が決まっている人は猪突猛進で、そうでない方は働きながらでも
自分のやりたい仕事を模索していくのもありだと思います。ミュゼオでは幅広く活躍出来る場が用意されていますので、きっと自分のやりたいことを見つけることが出来ると思います。
そしてどちらにせよ、この業界は感性を磨くことが大切です。これは、まだまだ吸収力がたくさん残っている若い時からたくさん行うといいと思います。そして、そのためにはもっと世の中を、日本を知るために、旅行してホテル・旅館にたくさん泊まってみましょう!ミュゼオでは時流にあったその感性で提案創造できる若い方を待っています!

©2019 AAP GROUP