AAP’s 4 JOB FIELD

AAP’s 4 JOB FIELD

ひとつの広告は多くの人の手によって、
やっと完成します。
各分野のプロが力を発揮するのはもちろん、
互いに連携を取り合うチームプレーが必要となります。

営業/アドプランナー

コミュニケーション能力を武器に、 プロデューサーとして手腕を振るう。

広告会社の営業は、決まった商品を売ることが仕事ではありません。目に見えないクライアントの想いを形あるモノにするため、広告業務全体のプロデューサー的役割を担います。

特にヒアリングは営業の重要な仕事の一つです。営業のヒアリングによって、提案する企画やデザインが決まるため、その手腕が問われます。営業は、課題を抱えるクライアントと、それを 解決するために働く社内スタッフを繋ぐ懸け橋です。クライアントはもちろん、社内のプランナーやデザイナーと信頼関係を築くことが、仕事をする上で大変重要となります。他にも、制作物件の予算や進行を管理したり、時にはイベントの運営もします。

会社のために利益を上げることも営業の使命ですので、新規クライアントの開拓も重要です。ただ単に商品を売るのではなく、営業自身も常に制作に関り、アイデアを出すので、エイエイピーでは営業のことを「アドプランナー」と呼んでいます。

[1]Day Schdule

9:30 企画会議

オリエンテーションで得た情報をプランナー、デザイナーに共有し、コンペで提案する内容について話し合います。予算や要望を細かくチェックし、クライアントの特徴を分析しながらコンセプトを設定していきます。

10:30 クライアント訪問①

Webサイト制作のお仕事を頂いているA社を訪問。サイトに機能を追加したいとのことだったので、グループ会社・プロフィックスの担当と一緒にお話を聞きます。Webと共に、営業としてクライアントの要望を引き出していきます。

12:30 社内処理

訪問するクライアントにお渡しするサンプルのチェックや見積書の作成などを行います。複数のクライアントを訪問するので、事前準備をしっかりとしていきます。

14:00 クライアント訪問②

B社では、再版依頼のあったリーフレットをお渡しし、一緒に内容を確認。次のC社では、リニューアルするメニューのデザインや仕様を説明。見積書も併せて提示し、無事OKを頂きました!その後も幾つかのクライアントを訪問します。

18:00 社内処理

社内に戻り、デザイナーと打ち合わせ。午後に訪問したクライアントからの訂正依頼をデザイナーに伝えていきます。明日の予定を確認し、必要であれば今日のうちに準備をします。社内処理を全て終え、帰宅します。

Interview先輩社員インタビュー

©2019 AAP GROUP