静岡支店 クリエイティブ室

吉永 朋実

静岡県沼津市
デザイン学部
2006年

ある日のスケジュール

  • 8:50

    朝礼開始

  • 9:30

    担当営業とA社の折込広告打ち合わせ。掲載する原稿内容やお客様からの要望などを聞き取る。

  • 10:00

    提示していたB社のパンフレットに対し訂正指示が入る。1つ1つ確認しながら訂正作業を行う。

  • 11:30

    C社のDMが校了。グラフィック事業部への送稿作業を行う。

  • 12:00

    昼食。お弁当を持参して食堂で同僚と談笑しながら食べる。

  • 13:00

    D社のイベントプロモーションについて営業・プランナーを交えブレーンストーミング。

  • 15:00

    A社の折込広告を作るにあたり、デザイン資料等を参考にしながら制作を進める。

  • 17:30

    夕礼。毎日この時間にクリエイティブ室全員が顔を合わせ、新規物件の割り振りや各人のスケジュール等を把握し合う。時にはデザインのネタで話に花が咲くもこともあり。

  • 18:00

    引き続きA社の折込広告制作を進める。

  • 21:00

    帰宅。本屋に寄って参考になりそうな雑誌を立ち読み。

動画は
こちら

現在携わっている仕事
デザイナーとして広告のデザインをしています。主な仕事の流れは、営業がお客様から受注してきた案件に対し企画制作するパターンですが、こちら側から自主提案でお客様に持ち込む場合もあります。広告の種類は印刷物、WEBデザイン、TV・ラジオCM、交通広告、イベント・キャンペーンなど実に多様です。その中でデザインは、お客様の課題解決やお客様の想いを、目に見える形にして消費者に伝える、橋渡し的な役割を担っています。
エイエイピーに入社を決めた理由
エイエイピーの創業理念である「学び且つ行うものは必ず成功する」というメッセージに共感したからです。人は努力と行動力次第で誰でもチャンスをつかむことができるんだという言葉に背中を押され、この会社で働いてみようという気になりました。またエイエイピーには営業部の他に印刷部門も含まれていて、1つの会社で印刷物全体を学べるという点も魅力的でした。入社後、結婚するまでは三島支店に在籍していた経緯があり、勤務地が実家から通える場所にあるという点も大きな要因でした。
仕事で忘れられないエピソード
長野県にあるリゾートホテルのパンフレット撮影が2日間にかけて行われ、私も同行することになりました。事前にお客様からは「繁忙期前に撮りたい」、さらに「撮影2日目の夕方からはレストランの営業が始まるので、それまでに撮影を終わらせてほしい」という要望がありました。その上当日は降水確率も高く、外での撮影シーンはほぼ無理だろうと思われる過酷な条件下での撮影でした。山の天気は変わりやすく、当日も雨は降ったり止んだりの繰り返しだったのですが、ディレクターの臨機応変なスケジュール変更とスタッフ全員の息の合った仕事により、奇跡的に予定していた全カットを撮り終えることができました。この時は充実感に満ち溢れ、みんなで心を一つにしてものを作り上げるというクリエイティブな仕事を味わったのを覚えています。
エイエイピーの魅力
  • 1. 広告会社はアイディアを商品として売る会社です。そのため社員はとても個性的でユニークな人が大勢います。個人的には、テレビに出てるお笑い芸人にも劣らない面白い人ばかりだと思っています。
  • 2. 仲間意識が高く、仕事でも社内イベントでも協力体制はバッチリです。
  • 3. 人を育てようという思いの強い人が集まっているので、もうひとつ家族ができたような感じになります。日々皆様に叱咤激励されながら、自分がすくすく成長していくのを感じることができます。
こんなことが出来る会社です!
お客様に対してのアピールはもちろんですが、社内に対しても自分をアピールすることで活躍の場を広げられると思います。努力と熱意があれば、どんどん新しいことにチャレンジできる会社です。
「この世にまだない新しいモノを作ってみたい!」「あふれるアイディアをみんなに見て欲しい!」というパッションのある人は、エイエイピーに来れば売れっ子になれること間違いなしです!
今後の目標
これだけ偉そうなことを語っていますがまだまだ私も修行の身なので(笑)、まずはデザイナーとしてお客様の要望に何でも応えられるように、いろいろなジャンルの表現が自在に操れるようになりたいです。そして、見る人の心を動かすような広告を作っていきたいと思います。
学生のみなさんへ
クリエイティブな仕事に就きたいと思っている人は、好奇心旺盛な方が断然有利です。私もデザイナーになってみて、何でも興味を持つということがいかに大事かということを実感しています。どんな経験もデザインする際の糧になるからです。
なので、まずは自分の好きなものを何か一つ見つけることをオススメします。それを深く掘り下げていくとそこから興味の幅がどんどん広がって、出来上がった世界が自分にとっての強みになるはずです。
あとは「とにかくチャレンジしてみる」精神も大切だと思います。やる前はダメかなと思うこともありますが、やってみたら案外できちゃったり、もしくはやっぱりできないこともあるかもしれません。実際、私も日々その繰り返しです。でもどちらの経験も自分を成長させてくれることに違いありません。

HOME